皮脂欠乏症とヒルドイド

皮脂欠乏症はヒルドイドで治療できる

皮脂欠乏症とは、皮脂と呼ばれる皮膚の表面の脂が減少し、肌が乾燥する病気です。乾燥のせいで肌がかさかさになり、かゆみを伴います。

一般的には皮脂の分泌量が減る高齢者に多い病気です。しかし若い人でも、空気が乾燥する冬の時期を中心に発症しやすいです。皮疹欠乏症は悪化すると湿疹ができ、かゆみが強くなります。だからといって患部をかいてしまうと、ますます症状が悪化してしまうのです。皮疹欠乏症になったら皮膚科を受診し、適切な処置を受けましょう。

皮疹欠乏症の治療は保険適用になるため、高齢者は1割負担、若い人は3割負担で治療を受けられます。

皮膚科では保湿剤が処方されます。保湿剤の中でも代表的なのがヒルドイドです。厚生労働省が定める薬価によれば、保険適用で1グラムあたり24円です。軟膏やクリーム、ローションなど数種類のタイプがあります。薬の形状によって薬価が異なり、患者に合ったものが処方されるのです。

病院でヒルドイドを処方される場合、費用は薬代と診察料や処方料を合わせたものになります。

ヒルドイドは個人輸入でも入手できる

皮脂欠乏症の治療薬であるヒルドイドは保湿作用に優れています。そのため、皮脂欠乏症の改善だけでなく、美容にも効果があると言われています。しかし、ヒルドイドは医薬品のため市販されていません。また、皮膚疾患にかかっていない限り、医療機関では処方されません。

個人輸入を行っている通販サイトを利用することで、病院で処方を受けずに入手できます。また、個人輸入サイトではジェネリック製品も扱っているため、費用を抑えられます。

例えば、ヒルドイドのジェネリック製品の1つである「ヒルドイドフォルテクリーム」は、40グラム入りでおよそ2000円です。薬の費用そのものは、医療機関で処方されるときより高いですが、個人輸入なら診察料がかかりません。