皮疹欠乏症の原因

乾燥によって皮脂が刺激を受けやすくなる

皮脂欠乏症は皮膚が乾燥し、角質がはがれて強いかゆみが生じるようになる病気です。発症すると、皮膚が亀の甲羅のようにひび割れていくのが特徴です。症状が進行すると炎症が強まり、湿疹があらわれます。かゆくなった患部を掻きむしることで湿疹が起こる場合もあります。

皮疹欠乏症の原因は肌の皮脂が少なくなることです。皮脂が少なくなると肌の乾燥が進んでいきます。また、皮脂が少ない分、肌が外部からの刺激に弱くなります。そのため、こたつやヒーターに長時間あたったり、化学繊維などの衣服を着たりすると症状が悪化する可能性があるのです。

皮疹欠乏症にかかったときにアルコールを摂取したり香辛料が多く入っているものを食べたりすると、血流が活発になる影響で肌がかゆくなる場合があります。また、皮疹欠乏症になった肌にとって、熱いお湯は刺激が強いため、入浴の際は注意が必要です。
皮疹欠乏症は放置していると症状が悪化していき、炎症もひどくなります。普段から肌の保湿を心掛け、皮疹欠乏症にならないように注意しましょう。

皮疹欠乏症が一番起こりやすいのは冬

皮疹欠乏症になりやすい季節は冬です。冬は空気の乾燥に加えてお風呂の温度が高いなど、肌が刺激を受けやすくなります。

皮疹欠乏症の症状が出やすいのは手足や背中です。特にすねは皮脂が少ないため、皮疹欠乏症になりやすいのです。高齢者の場合、皮脂を分泌する力が弱くなっており、腰からお尻にかけてもよく症状が現れます。

皮疹欠乏症は乾燥が原因のため、冬に最も起こりやすいですが、一年を通して発症します。エアコンがかかっている部屋にずっといるのも、皮疹欠乏症の原因となるのです。

一度発症すると、肌が日常生活のちょっとしたことで刺激をうけ、かゆくなってしまいます。

皮疹欠乏症が乾燥しやすい冬に発症し、放置していたら夏になっても症状が改善しない、というケースもあります。

皮疹欠乏症を予防するためには、肌の乾燥や刺激を受けることに注意することが重要です。